万葉集 第1巻 56番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻56番歌はこちらにまとめました。

第1巻 56番歌

第1巻
歌番号 56番歌
作者 春日倉老(春日蔵首老)
題詞 (大寶元年辛丑秋九月太上天皇幸于紀<伊>國時歌)或本歌
原文 河上乃 列々椿 都良々々尓 雖見安可受 巨勢能春野者
訓読 川上のつらつら椿つらつらに見れども飽かず巨勢の春野は
かな かはかみの つらつらつばき つらつらに みれどもあかず こせのはるのは
英語(ローマ字) KAHAKAMINO TSURATSURATSUBAKI TSURATSURANI MIREDOMOAKAZU KOSENOHARUNOHA
川上の椿が連なって咲いている。美しい花々で、つくづく見てても飽きないな。この巨勢の春野に咲く花は。
左注 右一首春日蔵首老
校異
用語 雑歌、大宝1年9月、年紀、作者:春日蔵首老、或本歌、巨勢、羈旅、土地讃美、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました