万葉集 第1巻 78番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻78番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 78番歌

第1巻
歌番号78番歌
作者元明天皇
題詞和銅三年庚戌春二月従藤原宮遷于寧樂宮時御輿停長屋原<廻>望古郷<作歌> [一書云 太上天皇御製]
原文飛鳥 明日香能里乎 置而伊奈婆 君之當者 不所見香聞安良武 [一云 君之當乎 不見而香毛安良牟]
訓読飛ぶ鳥の明日香の里を置きて去なば君があたりは見えずかもあらむ [一云 君があたりを見ずてかもあらむ]
かなとぶとりの あすかのさとを おきていなば きみがあたりは みえずかもあらむ [きみがあたりを みずてかもあらむ]
英語(ローマ字)TOBUTORINO ASUKANOSATOWO OKITEINABA KIMIGAATARIHA MIEZUKAMOARAMU [KIMIGAATARIWO MIZUTEKAMOARAMU]
明日香の里を置いて去っていったなら、あなたが住んでいるあたりは見えなくなってしまうのだろうか。
左注
校異迥 廻 [元][類] / 御作歌 作歌 [類][古][冷][紀]
用語雑歌、和銅3年、年紀、作者:元明、持統、古歌、転用、遷都、望郷、恋情、枕詞、愛惜
タイトルとURLをコピーしました