万葉集 第1巻 4番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻4番歌はこちらにまとめました。

第1巻 4番歌

第1巻
歌番号 4番歌
作者 中皇命
題詞 (天皇遊猟内野之時中皇命使間人連老獻歌)反歌
原文 玉尅春 内乃大野尓 馬數而 朝布麻須等六 其草深野
訓読 たまきはる宇智の大野に馬並めて朝踏ますらむその草深野
かな たまきはる うちのおほのに うまなめて あさふますらむ そのくさふかの
英語(ローマ字) TAMAKIHARU UCHINOOHONONI UMANAMETE ASAFUMASURAMU SONOKUSAFUKANO
宇智の大野に馬を並べ、さあ、これから朝狩りにでかけようではないか。草深い野の草を踏んで。
左注
校異 尅 (塙)(楓) 剋
用語 雑歌、作者:中皇命:間人老、五条市、代作、弓讃め、狩猟、宴席、地名
タイトルとURLをコピーしました