万葉集 第1巻 2番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻2番歌はこちらにまとめました。

第1巻 2番歌

第1巻
歌番号 2番歌
作者 舒明天皇
題詞 高市岡本宮御宇天皇代 [息長足日廣額天皇] / 天皇登香具山望國之時御製歌
原文 山常庭 村山有等 取與呂布 天乃香具山 騰立 國見乎為者 國原波 煙立龍 海原波 加萬目立多都 怜A國曽 蜻嶋 八間跡能國者
訓読 大和には 群山あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち 国見をすれば 国原は 煙立ち立つ 海原は 鴎立ち立つ うまし国ぞ 蜻蛉島 大和の国は
かな やまとには むらやまあれど とりよろふ あめのかぐやま のぼりたち くにみをすれば くにはらは けぶりたちたつ うなはらは かまめたちたつ うましくにぞ あきづしま やまとのくには
英語(ローマ字) YAMATONIHA MURAYAMAAREDO TORIYOROFU AMENOKAGUYAMA NOBORITACHI KUNIMIWOSUREBA KUNIHARAHA KEBURITACHITATSU UNAHARAHA KAMAMETACHITATSU UMASHIKUNIZO AKIDUSHIMA YAMATONOKUNIHA
大和には 色々な山々があるが、手近にある天の香具山に登り立って国見をすると、国原には煙が立ちのぼり、海原には鴎が飛び立っている。美しく立派な国だよ、蜻蛉島なる大和の国は。
左注
校異
用語 雑歌、作者:舒明天皇、飛鳥、国見、予祝、枕詞、地名、動物、奈良、土地讃美、寿歌
タイトルとURLをコピーしました