万葉集 第1巻 19番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻19番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 19番歌

第1巻
歌番号19番歌
作者井戸王
題詞((額田王下近江國時<作>歌井戸王即和歌)反歌)
原文綜麻形乃 林始乃 狭野榛能 衣尓著成 目尓都久和我勢
訓読綜麻形の林のさきのさ野榛の衣に付くなす目につく吾が背
かなへそかたの はやしのさきの さのはりの きぬにつくなす めにつくわがせ
英語(ローマ字)HESOKATANO HAYASHINOSAKINO SANOHARINO KINUNITSUKUNASU MENITSUKUWAGASE
三輪山の麓の林の先に立つハンノキの真っ赤な木の葉があなたの着物に染まったようにあざやかに目に付きます。
左注右一首歌今案不似和歌 但舊本載于此次 故以猶載焉
校異
用語雑歌、作者:井戸王、三輪山、和歌、古歌、植物、枕詞
タイトルとURLをコピーしました