万葉集 第1巻 28番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻28番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 28番歌

第1巻
歌番号28番歌
作者持統天皇
題詞藤原宮御宇天皇代[高天原廣野姫天皇 元年丁亥十一年譲位軽太子 <尊>号曰太上天皇] / 天皇御製歌
原文春過而 夏来良之 白妙能 衣乾有 天之香来山
訓読春過ぎて夏来るらし白栲の衣干したり天の香具山
かなはるすぎて なつきたるらし しろたへの ころもほしたり あめのかぐやま
英語(ローマ字)HARUSUGITE NATSUKITARURASHI SHIROTAHENO KOROMOHOSHITARI AMENOKAGUYAMA
春過ぎて夏がやってきたようだ。目に痛いほど真っ白な衣が干してある。(背後を)天の香具山にして。
左注
校異<> 尊 [元][冷][紀]
用語雑歌、作者:持統天皇、飛鳥、季節、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました