万葉集 第1巻 51番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻51番歌はこちらにまとめました。

第1巻 51番歌

第1巻
歌番号 51番歌
作者 志貴皇子
題詞 従明日香宮遷居藤原宮之後志貴皇子御作歌
原文 F女乃 袖吹反 明日香風 京都乎遠見 無用尓布久
訓読 采女の袖吹きかへす明日香風都を遠みいたづらに吹く
かな うねめの そでふきかへす あすかかぜ みやこをとほみ いたづらにふく
英語(ローマ字) UNEMENO SODEFUKIKAHESU ASUKAKAZE MIYAKOWOTOHOMI ITADURANIFUKU
美しい女官たちの着物の袖を翻していた明日香の風、その都が遠く藤原宮に遷されたので、その風はいたづらに吹くばかり。
左注
校異
用語 雑歌、作者:志貴皇子、荒都歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました