万葉集 第1巻 17番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻17番歌はこちらにまとめました。

第1巻 17番歌

第1巻
歌番号 17番歌
作者 額田王
題詞 額田王下近江國時<作>歌井戸王即和歌
原文 味酒 三輪乃山 青丹吉 奈良能山乃 山際 伊隠萬代 道隈 伊積流萬代尓 委曲毛 見管行武雄 數々毛 見放武八萬雄 情無 雲乃 隠障倍之也
訓読 味酒 三輪の山 あをによし 奈良の山の 山の際に い隠るまで 道の隈 い積もるまでに つばらにも 見つつ行かむを しばしばも 見放けむ山を 心なく 雲の 隠さふべしや
かな うまさけ みわのやま あをによし ならのやまの やまのまに いかくるまで みちのくま いつもるまでに つばらにも みつつゆかむを しばしばも みさけむやまを こころなく くもの かくさふべしや
英語(ローマ字) UMASAKE MIWANOYAMA AWONIYOSHI NARANOYAMANO YAMANOMANI IKAKURUMADE MICHINOKUMA ITSUMORUMADENI TSUBARANIMO MITSUTSUYUKAMUWO SHIBASHIBAMO MISAKEMUYAMAWO KOKORONAKU KUMONO KAKUSAFUBESHIYA
神聖な三輪山と奈良山が遠く隠れてしまうまで、道の曲がり角ごとに、子細に見やりつつ行こうと思うのに、遠くからでも見はらしたいその山を、無情にも隠してよいものか、雲よ。
左注 (右二首歌山上憶良大夫類聚歌林曰 遷都近江國時 御覧三輪山御歌焉 日本書紀曰 六年丙寅春三月辛酉朔己卯遷都于近江)
校異 <> 作 [元][類][紀]
用語 雑歌、作者:額田王、天智、代作、三輪山、鎮魂、国魂、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました