万葉集 第1巻 32番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻32番歌はこちらにまとめました。

第1巻 32番歌

第1巻
歌番号 32番歌
作者 高市黒人
題詞 高市古人感傷近江舊堵作歌 [或書云高市連黒人]
原文 古 人尓和礼有哉 樂浪乃 故京乎 見者悲寸
訓読 古の人に我れあれや楽浪の古き都を見れば悲しき
かな いにしへの ひとにわれあれや ささなみの ふるきみやこを みればかなしき
英語(ローマ字) INISHIHENO HITONIWAREAREYA SASANAMINO FURUKIMIYAKOWO MIREBAKANASHIKI
むかし、むかしの人なのだろうか、この私は。ささなみの古き都をみると悲しい。
左注
校異
用語 雑歌、作者:高市黒人、荒都歌、大津、地名、滋賀
タイトルとURLをコピーしました