万葉集 第1巻 37番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻37番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 37番歌

第1巻
歌番号 37番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (幸于吉野宮之時柿本朝臣人麻呂作歌)反歌
原文 雖見飽奴 吉野乃河之 常滑乃 絶事無久 復還見牟
訓読 見れど飽かぬ吉野の川の常滑の絶ゆることなくまたかへり見む
かな みれどあかぬ よしののかはの とこなめの たゆることなく またかへりみむ
英語(ローマ字) MIREDOAKANU YOSHINONOKAHANO TOKONAMENO TAYURUKOTONAKU MATAKAHERIMIMU
見ても見ても飽きることがない吉野川、岩にいつも生えている水苔の周囲を清流が流れ下っていく。またやってきて眺めたいものだ。
左注 (右日本紀曰 三年己丑正月天皇幸吉野宮 八月幸吉野宮 四年庚寅二月幸吉野宮 五月幸吉野宮 五年辛卯正月幸吉野宮 四月幸吉野宮者 未詳知何月従駕作歌)
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、吉野、離宮、行幸、従駕、宮廷讃美、国見、地名
タイトルとURLをコピーしました