万葉集 第1巻 35番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻35番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 35番歌

第1巻
歌番号35番歌
作者元明天皇(阿閇皇女)
題詞越勢能山時阿閇皇女御作歌
原文此也是能 倭尓四手者 我戀流 木路尓有云 名二負勢能山
訓読これやこの大和にしては我が恋ふる紀路にありといふ名に負ふ背の山
かなこれやこの やまとにしては あがこふる きぢにありといふ なにおふせのやま
英語(ローマ字)KOREYAKONO YAMATONISHITEHA AGAKOFURU KIDINIARITOIFU NANIOFUSENOYAMA
この山が大和にいて見たいと恋い焦がれていた背の山なのね、紀伊にあって名に負っているこの山が。
左注
校異
用語雑歌、作者:阿閇皇女、羈旅、妹背、行幸、和歌山、紀州、地名、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました