万葉集 第1巻 31番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻31番歌はこちらにまとめました。

第1巻 31番歌

第1巻
歌番号 31番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 ((過近江荒都時柿本朝臣人麻呂作歌)反歌)
原文 左散難弥乃 志我能 [一云 比良乃] 大和太 與杼六友 昔人二 亦母相目八毛 [一云 将會跡母戸八]
訓読 楽浪の志賀の [一云 比良の] 大わだ淀むとも昔の人にまたも逢はめやも [一云 逢はむと思へや]
かな ささなみの しがの [ひらの] おほわだ よどむとも むかしのひとに またもあはめやも [あはむとおもへや]
英語(ローマ字) SASANAMINO SHIGANO [HIRANO] OHOWADA YODOMUTOMO MUKASHINOHITONI MATAMOAHAMEYAMO [AHAMUTOOMOHEYA]
ささなみの滋賀の大曲の流れがとまったように静かになる。このようにじっと待っている。昔の人にこんなに会いたいのに。
左注
校異 二 [類][古] 尓
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、荒都歌、大津、鎮魂、地名、滋賀
タイトルとURLをコピーしました