万葉集 第1巻 66番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻66番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 66番歌

第1巻
歌番号 66番歌
作者 置始東人
題詞 太上天皇幸于難波宮時歌
原文 大伴乃 高師能濱乃 松之根乎 枕宿杼 家之所偲由
訓読 大伴の高師の浜の松が根を枕き寝れど家し偲はゆ
かな おほともの たかしのはまの まつがねを まくらきぬれど いへししのはゆ
英語(ローマ字) OHOTOMONO TAKASHINOHAMANO MATSUGANEWO MAKURAKINUREDO IHESHISHINOHAYU
大伴の高師の浜に立つ松の木の根を枕にして、寝ようとするのだが、よく寝られず、大和の家が思い起こされてならない。
左注 右一首置始東人
校異
用語 雑歌、作者:置始東人、難波、行幸、従駕、大阪、持統、望郷、羈旅、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました