万葉集 第1巻 81番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻81番歌はこちらにまとめました。

第1巻 81番歌

第1巻
歌番号 81番歌
作者 長田王
題詞 和銅五年壬子夏四月遣長田王于伊勢齊宮時山邊御井<作>歌
原文 山邊乃 御井乎見我弖利 神風乃 伊勢處女等 相見鶴鴨
訓読 山辺の御井を見がてり神風の伊勢娘子どもあひ見つるかも
かな やまのへの みゐをみがてり かむかぜの いせをとめども あひみつるかも
英語(ローマ字) YAMANOHENO MIゐWOMIGATERI KAMUKAZENO ISEWOTOMEDOMO AHIMITSURUKAMO
山辺の御井を見がてら、伊勢神宮に参拝にきた美しい乙女(あるいは巫女)たちを眺めたことだ。
左注
校異 依 作 [西(補訂)]
用語 雑歌、和銅5年4月、年紀、作者:長田王、伊勢、三重、御井、土地讃美、和銅、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました