万葉集 第1巻 44番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻44番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 44番歌

第1巻
歌番号 44番歌
作者 石上麻呂
題詞 (幸于伊勢國時)石上大臣従駕作歌
原文 吾妹子乎 去来見乃山乎 高三香裳 日本能不所見 國遠見可聞
訓読 我妹子をいざ見の山を高みかも大和の見えぬ国遠みかも
かな わぎもこを いざみのやまを たかみかも やまとのみえぬ くにとほみかも
英語(ローマ字) WAGIMOKOWO IZAMINOYAMAWO TAKAMIKAMO YAMATONOMIENU KUNITOHOMIKAMO
さあ妻に会おうといういざ見の山にさしかかったが、山が高いせいか、あるいは故国大和が遠いせいか、まだ見えぬ。
左注 右日本紀曰 朱鳥六年壬辰春三月丙寅朔戊辰浄<廣>肆廣瀬王等為留守官 於是中納言三輪朝臣高市麻呂脱其冠位E上於朝重諌曰 農作之前車駕未可以動 辛未天皇不従諌 遂幸伊勢 五月乙丑朔庚午御阿胡行宮
校異 <> 廣 [西(右書)][元][冷][紀]
用語 雑歌、作者:石上麻呂、伊勢、行幸、三重、羈旅、望郷、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました