万葉集 第7巻 1122番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1122番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1122番歌

第7巻
歌番号 1122番歌
作者 作者不詳
題詞 詠鳥
原文 山際尓 渡秋沙乃 <行>将居 其河瀬尓 浪立勿湯目
訓読 山の際に渡るあきさの行きて居むその川の瀬に波立つなゆめ
かな やまのまに わたるあきさの ゆきてゐむ そのかはのせに なみたつなゆめ
英語(ローマ字) YAMANOMANI WATARUAKISANO YUKITEゐMU SONOKAHANOSENI NAMITATSUNAYUME
山あいの川に飛んでいってそこに鴨のアイサがいることだろう。川瀬よゆめゆめ荒波を立てないでおくれ。
左注
校異 徃 行 [類][紀]
用語 雑歌、動物、序詞
タイトルとURLをコピーしました