万葉集 第7巻 1309番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1309番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1309番歌

第7巻
歌番号 1309番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (寄海)
原文 風吹 海荒 明日言 應久 <公>随
訓読 風吹きて海は荒るとも明日と言はば久しくあるべし君がまにまに
かな かぜふきて うみはあるとも あすといはば ひさしくあるべし きみがまにまに
英語(ローマ字) KAZEFUKITE UMIHAARUTOMO ASUTOIHABA HISASHIKUARUBESHI KIMIGAMANIMANI
風が吹いて海は荒れています。船出は先に延ばししましようと申し上げたら今度はいつになるやも知れません。あなたの意のままにお任せします。
左注 (右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 君 公 [西(訂正右書)][元][類][紀]
用語 譬喩歌、作者:柿本人麻呂歌集、恋愛、略体
タイトルとURLをコピーしました