万葉集 第11巻 2780番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2780番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2780番歌

第11巻
歌番号 2780番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 紫之 名高乃浦之 靡藻之 情者妹尓 因西鬼乎
訓読 紫の名高の浦の靡き藻の心は妹に寄りにしものを
かな むらさきの なたかのうらの なびきもの こころはいもに よりにしものを
英語(ローマ字) MURASAKINO NATAKANOURANO NABIKIMONO KOKOROHAIMONI YORINISHIMONOWO
名高の浦の藻のように心はすっかりあの子に寄っている。
左注
校異
用語 地名、和歌山県、海南市、枕詞、序詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました