万葉集 第11巻 2373番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2373番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2373番歌

第11巻
歌番号 2373番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 何時 不戀時 雖不有 夕方<任> 戀無乏
訓読 いつはしも恋ひぬ時とはあらねども夕かたまけて恋ひはすべなし
かな いつはしも こひぬときとは あらねども ゆふかたまけて こひはすべなし
英語(ローマ字) ITSUHASHIMO KOHINUTOKITOHA ARANEDOMO YUFUKATAMAKETE KOHIHASUBENASHI
いつといって恋しくないという時はないけれど、夕暮れがやってくると、やるせなくてたまらない。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 枉 任 [嘉]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情
タイトルとURLをコピーしました