万葉集 第11巻 2790番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2790番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2790番歌

第11巻
歌番号 2790番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 玉緒之 久栗縁乍 末終 去者不別 同緒将有
訓読 玉の緒のくくり寄せつつ末つひに行きは別れず同じ緒にあらむ
かな たまのをの くくりよせつつ すゑつひに ゆきはわかれず おなじをにあらむ
英語(ローマ字) TAMANOWONO KUKURIYOSETSUTSU SUゑTSUHINI YUKIHAWAKAREZU ONAJIWONIARAMU
今は別の道を行っても、別々の端から通した玉もくくり寄せれば末は別れない紐に相違ない。そんな風でありたいね。
左注
校異
用語 枕詞、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました