万葉集 第11巻 2791番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2791番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2791番歌

第11巻
歌番号 2791番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 片絲用 貫有玉之 緒乎弱 乱哉為南 人之可知
訓読 片糸もち貫きたる玉の緒を弱み乱れやしなむ人の知るべく
かな かたいともち ぬきたるたまの ををよわみ みだれやしなむ ひとのしるべく
英語(ローマ字) KATAITOMOCHI NUKITARUTAMANO WOWOYOWAMI MIDAREYASHINAMU HITONOSHIRUBEKU
一本の糸で玉を貫いた紐は弱いので、切れて乱れるんじゃないかと我が思いの弱さを人に知られてしまうんじゃなかろうか。
左注
校異
用語 恋情、比喩、序詞、人目
タイトルとURLをコピーしました