万葉集 第11巻 2467番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2467番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2467番歌

第11巻
歌番号 2467番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 路邊 草深百合之 後云 妹命 我知
訓読 道の辺の草深百合の後もと言ふ妹が命を我れ知らめやも
かな みちのへの くさふかゆりの のちもといふ いもがいのちを われしらめやも
英語(ローマ字) MICHINOHENO KUSAFUKAYURINO NOCHIMOTOIFU IMOGAINOCHIWO WARESHIRAMEYAMO
道の辺の深い茂みに隠れている百合のように、後ほど返事しますわと彼女はいうけれど、いつになるやら、いつまで待てばいいのだろう。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情、序詞、植物
タイトルとURLをコピーしました