万葉集 第11巻 2455番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2455番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2455番歌

第11巻
歌番号 2455番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 我故 所云妹 高山之 峯朝霧 過兼鴨
訓読 我がゆゑに言はれし妹は高山の嶺の朝霧過ぎにけむかも
かな わがゆゑに いはれしいもは たかやまの みねのあさぎり すぎにけむかも
英語(ローマ字) WAGAYUゑNI IHARESHIIMOHA TAKAYAMANO MINENOASAGIRI SUGINIKEMUKAMO
私のためにとかく噂がたってしまった彼女は、高山の嶺に立ちこめていた朝霧が引いてしまったように、もう相手にしてくれなくなったのだろうか。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情、うわさ
タイトルとURLをコピーしました