万葉集 第11巻 2673番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2673番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2673番歌

第11巻
歌番号 2673番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 烏玉乃 夜渡月之 湯移去者 更哉妹尓 吾戀将居
訓読 ぬばたまの夜渡る月のゆつりなばさらにや妹に我が恋ひ居らむ
かな ぬばたまの よわたるつきの ゆつりなば さらにやいもに あがこひをらむ
英語(ローマ字) NUBATAMANO YOWATARUTSUKINO YUTSURINABA SARANIYAIMONI AGAKOHIWORAMU
夜渡る月が移っていってしまったら、さらにいっそう私は彼女に恋い焦がれることだろうな。
左注
校異
用語 枕詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました