万葉集 第11巻 2632番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2632番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2632番歌

第11巻
歌番号 2632番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 真素鏡 直二四妹乎 不相見者 我戀不止 年者雖經
訓読 まそ鏡直にし妹を相見ずは我が恋やまじ年は経ぬとも
かな まそかがみ ただにしいもを あひみずは あがこひやまじ としはへぬとも
英語(ローマ字) MASOKAGAMI TADANISHIIMOWO AHIMIZUHA AGAKOHIYAMAJI TOSHIHAHENUTOMO
鏡にはっきり見るように、彼女を見ないままだと、恋はやむことがありません。年は経っても。
左注
校異
用語 枕詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました