万葉集 第11巻 2711番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2711番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2711番歌

第11巻
歌番号 2711番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 奥山之 木葉隠而 行水乃 音聞従 常不所忘
訓読 奥山の木の葉隠りて行く水の音聞きしより常忘らえず
かな おくやまの このはがくりて ゆくみづの おとききしより つねわすらえず
英語(ローマ字) OKUYAMANO KONOHAGAKURITE YUKUMIDUNO OTOKIKISHIYORI TSUNEWASURAEZU
奥山の木の葉隠りに流れ下る音、その音のように噂だけを聞きました。以来、その噂が常に頭にあって忘れられません。
左注
校異
用語 序詞、恋情、うわさ
タイトルとURLをコピーしました