万葉集 第11巻 2385番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2385番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2385番歌

第11巻
歌番号 2385番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 <麁>玉 五年雖經 吾戀 跡無戀 不止恠
訓読 あらたまの五年経れど我が恋の跡なき恋のやまなくあやし
かな あらたまの いつとせふれど あがこひの あとなきこひの やまなくあやし
英語(ローマ字) ARATAMANO ITSUTOSEFUREDO AGAKOHINO ATONAKIKOHINO YAMANAKUAYASHI
あの子を恋うようになってから五年も経つのに実る気配もない。なのに、いまだ未練がましく恋し続けているのは不思議なことだ。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 簾 麁 [嘉][文][紀]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました