万葉集 第11巻 2400番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2400番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2400番歌

第11巻
歌番号 2400番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 伊田何 極太甚 利心 及失念 戀故
訓読 いで何かここだはなはだ利心の失するまで思ふ恋ゆゑにこそ
かな いでなにか ここだはなはだ とごころの うするまでおもふ こひゆゑにこそ
英語(ローマ字) IDENANIKA KOKODAHANAHADA TOGOKORONO USURUMADEOMOFU KOHIYUゑNIKOSO
なぜこんなにも激しく、正気が失せるほどまでに思い詰めるのだろう。恋ごころのせいだろうか。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情
タイトルとURLをコピーしました