万葉集 第11巻 2518番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2518番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2518番歌

第11巻
歌番号 2518番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 吾妹子之 吾呼送跡 白細布乃 袂漬左右二 哭四所念
訓読 我妹子が我れを送ると白栲の袖漬つまでに泣きし思ほゆ
かな わぎもこが われをおくると しろたへの そでひつまでに なきしおもほゆ
英語(ローマ字) WAGIMOKOGA WAREWOOKURUTO SHIROTAHENO SODEHITSUMADENI NAKISHIOMOHOYU
彼女が私を見送ってくれた時、真っ白な着物の袖がぐしょぬれになるまで泣きじゃくったが、その姿が思い浮かんでならない。
左注
校異
用語 枕詞、送別、後朝、恋情
タイトルとURLをコピーしました