万葉集 第11巻 2667番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2667番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2667番歌

第11巻
歌番号 2667番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 真袖持 床打拂 君待跡 居之間尓 月傾
訓読 真袖持ち床うち掃ひ君待つと居りし間に月かたぶきぬ
かな まそでもち とこうちはらひ きみまつと をりしあひだに つきかたぶきぬ
英語(ローマ字) MASODEMOCHI TOKOUCHIHARAHI KIMIMATSUTO WORISHIAHIDANI TSUKIKATABUKINU
あなたを待って部屋を行ったり来たりするうち、すった両袖で床が払われ、いつの間にか月が傾いてしまった。
左注
校異
用語 恋愛、女歌、怨恨
タイトルとURLをコピーしました