万葉集 第11巻 2668番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2668番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2668番歌

第11巻
歌番号 2668番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 二上尓 隠經月之 雖惜 妹之田本乎 加流類比来
訓読 二上に隠らふ月の惜しけども妹が手本を離るるこのころ
かな ふたかみに かくらふつきの をしけども いもがたもとを かるるこのころ
英語(ローマ字) FUTAKAMINI KAKURAFUTSUKINO WOSHIKEDOMO IMOGATAMOTOWO KARURUKONOKORO
二上山に隠れる月は名残惜しいけれど、彼女の元を離れて久しいこの頃とりわけ名残惜しい。
左注
校異
用語 地名、奈良県、恋愛、序詞
タイトルとURLをコピーしました