万葉集 第11巻 2750番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2750番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2750番歌

第11巻
歌番号 2750番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 吾妹子 不相久 馬下乃 阿倍橘乃 蘿生左右
訓読 我妹子に逢はず久しもうましもの安倍橘の苔生すまでに
かな わぎもこに あはずひさしも うましもの あへたちばなの こけむすまでに
英語(ローマ字) WAGIMOKONI AHAZUHISASHIMO UMASHIMONO AHETACHIBANANO KOKEMUSUMADENI
彼女に逢わなくなってから随分久しくなった。あの立派な安倍橘も古くなって苔が生えてきた。
左注
校異
用語 植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました