万葉集 第11巻 2657番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2657番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2657番歌

第11巻
歌番号 2657番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 神名火尓 紐呂寸立而 雖忌 人心者 間守不敢物
訓読 神なびにひもろき立てて斎へども人の心はまもりあへぬもの
かな かむなびに ひもろきたてて いはへども ひとのこころは まもりあへぬもの
英語(ローマ字) KAMUNABINI HIMOROKITATETE IHAHEDOMO HITONOKOKOROHA MAMORIAHENUMONO
神のいらっしゃる山に神が降りてくる常緑樹を立てて誓っても、人の心は守ることができない。
左注
校異
用語 怨み
タイトルとURLをコピーしました