万葉集 第11巻 2833番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2833番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2833番歌

第11巻
歌番号 2833番歌
作者 作者不詳
題詞 (譬喩)
原文 葦鴨之 多集池水 雖溢 儲溝方尓 吾将越八方
訓読 葦鴨のすだく池水溢るともまけ溝の辺に我れ越えめやも
かな あしがもの すだくいけみづ はふるとも まけみぞのへに われこえめやも
英語(ローマ字) ASHIGAMONO SUDAKUIKEMIDU HAFURUTOMO MAKEMIZONOHENI WAREKOEMEYAMO
芦辺に集まる鴨たちで池の水があふれ、かねて用意した溝に越えるなどということがありましょうか。
左注 右一首寄水喩思
校異
用語 動物、鳥、恋愛
タイトルとURLをコピーしました