万葉集 第11巻 2569番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2569番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2569番歌

第11巻
歌番号 2569番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 将念 其人有哉 烏玉之 毎夜君之 夢西所見 [或本歌<曰> 夜晝不云 吾戀渡]
訓読 思ふらむその人なれやぬばたまの夜ごとに君が夢にし見ゆる [或本歌曰 夜昼と言はずあが恋ひわたる]
かな おもふらむ そのひとなれや ぬばたまの よごとにきみが いめにしみゆる [よるひるといはず あがこひわたる]
英語(ローマ字) OMOFURAMU SONOHITONAREYA NUBATAMANO YOGOTONIKIMIGA IMENISHIMIYURU [YORUHIRUTOIHAZU AGAKOHIWATARU]
私のことを思って下さるからでしょうか。夜ごとにあなた様が夢に現れる。
左注
校異 歌 [西] 謌 / 云 曰 [嘉]
用語 恋情、夢、女歌、異伝
タイトルとURLをコピーしました