万葉集 第11巻 2570番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2570番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2570番歌

第11巻
歌番号 2570番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 如是耳 戀者可死 足乳根之 母毛告都 不止通為
訓読 かくのみし恋ひば死ぬべみたらちねの母にも告げずやまず通はせ
かな かくのみし こひばしぬべみ たらちねの ははにもつげず やまずかよはせ
英語(ローマ字) KAKUNOMISHI KOHIBASHINUBEMI TARACHINENO HAHANIMOTSUGEZU YAMAZUKAYOHASE
こんなに恋い焦がれていると死んでしまうので、母にも告げました。あなた、絶えず通って来て下さいませ。
左注
校異
用語 女歌、母親
タイトルとURLをコピーしました