万葉集 第11巻 2623番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2623番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2623番歌

第11巻
歌番号 2623番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 呉藍之 八塩乃衣 朝旦 穢者雖為 益希将見裳
訓読 紅の八しほの衣朝な朝な馴れはすれどもいやめづらしも
かな くれなゐの やしほのころも あさなさな なれはすれども いやめづらしも
英語(ローマ字) KURENAゐNO YASHIHONOKOROMO ASANASANA NAREHASUREDOMO IYAMEDURASHIMO
数多く染めた紅の着物を朝な朝な着て慣れ親しんだけれど、それでもあなたはやはり新鮮だ。
左注
校異
用語 衣、色、染色、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました