万葉集 第11巻 2743番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2743番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2743番歌

第11巻
歌番号 2743番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 中々二 君二不戀者 <枚>浦乃 白水郎有申尾 玉藻苅管
訓読 なかなかに君に恋ひずは比良の浦の海人ならましを玉藻刈りつつ
かな なかなかに きみにこひずは ひらのうらの あまならましを たまもかりつつ
英語(ローマ字) NAKANAKANI KIMINIKOHIZUHA HIRANOURANO AMANARAMASHIWO TAMAMOKARITSUTSU
なまじあの方に恋しないで、比良の浦の玉藻を刈り取っている海人のままでいれば楽だった。
左注 或本歌曰 中々尓 君尓不戀波 留<牛馬>浦之 海部尓有益男 珠藻苅<々>
校異 牧 枚 [類][古][紀] / 鳥 牛馬 [嘉] / 苅 々 [嘉][類][文][細]
用語 地名、滋賀県、比良、植物、恋愛

第11巻 2743S1番歌(異伝歌1)

題詞 (寄物陳思)或本歌曰
原文 中々尓 君尓不戀波 留<牛馬>浦之 海部尓有益男 珠藻苅<々>
訓読 なかなかに君に恋ひずは縄の浦の海人にあらましを玉藻刈る刈る
かな なかなかに きみにこひずは なはのうらの あまにあらましを たまもかるかる
英語(ローマ字) NAKANAKANI KIMINIKOHIZUHA NAHANOURANO AMANIARAMASHIWO TAMAMOKARUKARU
なまじあの方に恋しないで、縄の浦の玉藻を刈り取っている海人のままで過ごしたほうがいい。
左注
校異
用語 地名、兵庫県、相生市、恋愛、植物、異伝
タイトルとURLをコピーしました