万葉集 第11巻 2742番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2742番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2742番歌

第11巻
歌番号 2742番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 <壮>鹿海部乃 火氣焼立而 燎塩乃 辛戀毛 吾為鴨
訓読 志賀の海人の煙焼き立て焼く塩の辛き恋をも我れはするかも
かな しかのあまの けぶりやきたて やくしほの からきこひをも あれはするかも
英語(ローマ字) SHIKANOAMANO KEBURIYAKITATE YAKUSHIHONO KARAKIKOHIWOMO AREHASURUKAMO
志賀島の海人(あま)が煙を立てて焼く塩の辛さは格別。そんな辛い恋を私はしています。
左注 右一首或云石川君子朝臣作之
校異 牡 壮 [古]
用語 作者:石川君子、作者異伝、地名、福岡県、志賀島、序詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました