万葉集 第11巻 2645番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2645番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2645番歌

第11巻
歌番号 2645番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 宮材引 泉之追馬喚犬二 立民乃 息時無 戀<渡>可聞
訓読 宮材引く泉の杣に立つ民のやむ時もなく恋ひわたるかも
かな みやぎひく いづみのそまに たつたみの やむときもなく こひわたるかも
英語(ローマ字) MIYAGIHIKU IDUMINOSOMANI TATSUTAMINO YAMUTOKIMONAKU KOHIWATARUKAMO
宮殿を造る材木を切り出す泉の杣(そま)山に入って立ち働く民が休む間もないように、私はあなたをずっと恋い続けています。
左注
校異 度 渡 [嘉][文][類]
用語 地名、京都府、序詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました