万葉集 第11巻 2446番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2446番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2446番歌

第11巻
歌番号 2446番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 白玉 纒持 従今 吾玉為 知時谷
訓読 白玉を巻きてぞ持てる今よりは我が玉にせむ知れる時だに
かな しらたまを まきてぞもてる いまよりは わがたまにせむ しれるときだに
英語(ローマ字) SHIRATAMAWO MAKITEZOMOTERU IMAYORIHA WAGATAMANISEMU SHIRERUTOKIDANI
白玉を腕に巻いている今からは、私だけの玉にしよう。占有できる時期がやってきたのだ。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、比喩、恋情
タイトルとURLをコピーしました