万葉集 第11巻 2447番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2447番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2447番歌

第11巻
歌番号 2447番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 白玉 従手纒 不<忘> 念 何畢
訓読 白玉を手に巻きしより忘れじと思ひけらくは何か終らむ
かな しらたまを てにまきしより わすれじと おもひけらくは なにかをはらむ
英語(ローマ字) SHIRATAMAWO TENIMAKISHIYORI WASUREJITO OMOHIKERAKUHA NANIKAWOHARAMU
白玉を手中にした時からこの満ち足りた思いは忘れるものかと思い、これがいつまでも続いてほしいと願う。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 忌 忘 [類][紀][細]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情、比喩
タイトルとURLをコピーしました