万葉集 第11巻 2722番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2722番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2722番歌

第11巻
歌番号 2722番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 吾妹子之 笠乃借手乃 和射見野尓 吾者入跡 妹尓告乞
訓読 我妹子が笠のかりての和射見野に我れは入りぬと妹に告げこそ
かな わぎもこが かさのかりての わざみのに われはいりぬと いもにつげこそ
英語(ローマ字) WAGIMOKOGA KASANOKARITENO WAZAMINONI WAREHAIRINUTO IMONITSUGEKOSO
彼女がさしているかりての輪、その和射見野(わさみの)にやっとさしかかった。誰かこのことを彼女に告げてくれないだろうか。
左注
校異
用語 地名、岐阜県、関ヶ原、序詞、羈旅、恋愛、望郷
タイトルとURLをコピーしました