万葉集 第11巻 2830番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2830番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2830番歌

第11巻
歌番号2830番歌
作者作者不詳
題詞(譬喩)
原文梓弓 弓束巻易 中見刺 更雖引 君之随意
訓読梓弓弓束巻き替へ中見さしさらに引くとも君がまにまに
かなあづさゆみ ゆづかまきかへ なかみさし さらにひくとも きみがまにまに
英語(ローマ字)ADUSAYUMI YUDUKAMAKIKAHE NAKAMISASHI SARANIHIKUTOMO KIMIGAMANIMANI
梓弓(あづさゆみ)の弓束の皮を巻き替えるとき、中が新しいと見せかけて、私の気を引こうとなさるけれど、どうぞご勝手に。
左注右一首寄弓喩思
校異
用語比喩、恋愛
タイトルとURLをコピーしました