万葉集 第11巻 2580番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2580番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2580番歌

第11巻
歌番号 2580番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 面形之 忘戸在者 小豆鳴 男士物屋 戀乍将居
訓読 面形の忘るとあらばあづきなく男じものや恋ひつつ居らむ
かな おもかたの わするとあらば あづきなく をとこじものや こひつつをらむ
英語(ローマ字) OMOKATANO WASURUTOARABA ADUKINAKU WOTOKOJIMONOYA KOHITSUTSUWORAMU
彼女の面影が忘れられるものなら、不甲斐なく、男子たるものがこのように恋い焦がれ続けていてよいものか。
左注
校異 戸 (塙)(楓) 左
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました