万葉集 第11巻 2615番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2615番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2615番歌

第11巻
歌番号 2615番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 敷栲乃 枕巻而 妹与吾 寐夜者無而 <年>曽經来
訓読 敷栲の枕をまきて妹と我れと寝る夜はなくて年ぞ経にける
かな しきたへの まくらをまきて いもとあれと ぬるよはなくて としぞへにける
英語(ローマ字) SHIKITAHENO MAKURAWOMAKITE IMOTOARETO NURUYOHANAKUTE TOSHIZOHENIKERU
敷栲の枕を巻きあって彼女と私は寝る機会がなくて、とうとう年が経ってしまった。
左注
校異 無 [嘉][細] 无 / 羊 年 [嘉][文][紀]
用語 枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました