万葉集 第11巻 2561番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2561番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2561番歌

第11巻
歌番号 2561番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 人事之 繁間守而 相十方八 反吾上尓 事之将繁
訓読 人言の繁き間守りて逢ふともやなほ我が上に言の繁けむ
かな ひとごとの しげきまもりて あふともや なほわがうへに ことのしげけむ
英語(ローマ字) HITOGOTONO SHIGEKIMAMORITE AFUTOMOYA NAHOWAGAUHENI KOTONOSHIGEKEMU
噂の激しい間を避けて逢ったとしてもやはり私の上には噂が絶えない。
左注
校異
用語 女歌、恋情、うわさ
タイトルとURLをコピーしました