万葉集 第11巻 2387番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2387番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2387番歌

第11巻
歌番号 2387番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 日<位> 人可知 今日 如千歳 有与鴨
訓読 日並べば人知りぬべし今日の日は千年のごともありこせぬかも
かな ひならべば ひとしりぬべし けふのひは ちとせのごとも ありこせぬかも
英語(ローマ字) HINARABEBA HITOSHIRINUBESHI KEFUNOHIHA CHITOSENOGOTOMO ARIKOSENUKAMO
こうして逢う日が度重なれば人の知るところとなりましょう。今日というこの日が千年のように長くあってほしい。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 促 位 [細]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情、うわさ
タイトルとURLをコピーしました