万葉集 第11巻 2388番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2388番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2388番歌

第11巻
歌番号 2388番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 立座 <態>不知 雖念 妹不告 間使不来
訓読 立ちて居てたづきも知らず思へども妹に告げねば間使も来ず
かな たちてゐて たづきもしらず おもへども いもにつげねば まつかひもこず
英語(ローマ字) TACHITEゐTE TADUKIMOSHIRAZU OMOHEDOMO IMONITSUGENEBA MATSUKAHIMOKOZU
居ても立ってもいられない、どうしていいか分からないほど恋い焦がれているが、この思いを彼女に告げていないので、使いの者もやって来ない。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 熊 態 [西(訂正)][文][細][温]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情
タイトルとURLをコピーしました