万葉集 第11巻 2800番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2800番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2800番歌

第11巻
歌番号 2800番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 旭時等 鶏鳴成 縦恵也思 獨宿夜者 開者雖明
訓読 暁と鶏は鳴くなりよしゑやしひとり寝る夜は明けば明けぬとも
かな あかときと かけはなくなり よしゑやし ひとりぬるよは あけばあけぬとも
英語(ローマ字) AKATOKITO KAKEHANAKUNARI YOSHIゑYASHI HITORINURUYOHA AKEBAAKENUTOMO
にわとりがコケコッコウと夜明けを告げている。こんな一人寝の夜は明けても明けなくともいいのさ。
左注
校異
用語 動物、女歌、自嘲、恋愛、鳥
タイトルとURLをコピーしました